子供の乾燥肌を改善するためのアドバイス

子供の乾燥肌は、お肌の表面がかさかさしていたり、白っぽく粉をふいていたり、洗顔や体を洗うとお肌がつっぱるという感じがあります。乾燥肌は病気ではないため、適切なスキンケアを行うことで改善することが多いです。

子供の乾燥肌の対策には、天然のオイルを使用したクリームなどを使用するようにしたり、赤ちゃんの場合はベビーオイルなどを使って保湿をすることが大事です。

乾燥肌を放置しておくと、ひざやくるぶし、ひじなどにひび割れが出来て、痛みを感じることもあります。乾燥肌が悪化すると、赤みや痒みが起こり、湿疹などができる場合もあるので、普段から保湿効果の高い入浴剤を使って入浴をさせたり、無添加でお肌に優しい素材の化粧品を使ってお手入れをすることが大事です。

皮膚に湿疹ができている場合は、子供を皮膚科で受診をさせるようにして、塗り薬を処方してもらうことが大事です。子供の乾燥肌は、エアコンや紫外線による影響も受けやすいので、外出をする時は日焼け止めを使うようにしたり、帽子などを被るようにすることが大切です。

エアコンを長時間付けていると、部屋が乾燥するため、加湿器などの家電を設置することも大事です。
普段からお肌の状態をきちんとチェックすることが大事です。