肌の状態で空気の乾燥を知る

乾燥肌で、真夏でもしっとり化粧水と乳液が手放せません。
ただ、夏は空気が湿っているので、
肌もそれなりに潤いを保つことができますが、
冬に近づくと、だんだんと肌の状態が悪くなってきます。
酷いときは、全身粉をふいた状態に。

一番顕著に現れるのは、よく洗う手です。
ブツブツから始まり、痒くなり、切れて血が出ます。
ペンを握る手も痛みで曲げられないくらいになります。

ブツブツが始まると、たいてい天気予報にも乾燥注意報が出たりします。
以前は、皮膚科で薬をもらっていましたが、
塗って治ってもまた再発しますし、キリがないので、
どうしたらよいか長く考えていました。

そこでふと気づいたのです。夏になるとぴったりと治まるんだから、
絶対的に不足しているのは潤いだ、と。

それで、手を洗う度に面倒くさがらずに
必ずハンドクリームを塗ることにしました。

これで、少しはマシになりましたが、今年もまた憂鬱な冬がやってきます。